クオリティ オブ ライフ!

肩のこりがひどい!自分で即できる肩こり解消法とは?

肩こりは、つらいものですよね、特にデスクワークの方であれば、
つい同じ姿勢を取ってしまったりすることにより、
肩こりが悪化しているという人もいるのではないのでしょうか。

 

その他にも、重い荷物を持つ仕事をした時など、
肩がしんどくなるということもありますよね。

 

そこで、肩こりの解消法について4つ見ていきましょう。

 

つらい肩こりの解消法1:肩に手を置きぐるぐる回す

 

生活向上通信!

 

テレビなどで紹介されていることもあることから、ご存知の方も多いですが、
肩は揉むよりかは、肩甲骨回しをすることが効果的だと言われています。

 

肩甲骨回しとは、基本的に肩に指先を乗せてクルクルと回すことです。
具体的なやり方は、下記のサイトに書かれているので是非とも参考にしてください。

 

よく肩を叩いたり肩を揉んだりすると気持ちがいいということから、効果があるように思われますが、
意外にもこのような肩もみや、肩叩きは一時的なところがあり、根本的な解消にならないところがあります。

 

このように肩に手を置いて、ぐるぐると回すような方法でやって行くことにより、効果が出てくるはずです。

 

肩こりに悩んでいるということであれば是非とも試してみましょう。
実際にやってみたことがありますが、かなり効いているなと感じますよ。お勧めです。

 

https://www.kracie.co.jp/kampo/kampofullife/body/?p=2729

 

 

つらい肩こりの解消法2:眼精疲労が原因である可能性もあるので、目のケアをする

 

生活向上通信!

 

現代人は、どうしてもパソコンなどもありますが、スマホやタブレットなどをいじることが多く、
眼精疲労を感じているという人が多いです。

 

一見無関係に見えますが、眼精疲労と肩こりは意外とリンクしているケースも多いです。

 

眼精疲労の原因としては、近くを見ることばかりを繰り返していることにより、
目の筋肉の疲労が起こるというところがあります。

 

現代生活においては、遠くを見るより、近くを見ることの方が明らかに多いです。
だからこそ、意識的に遠くを見ることが必要です。

 

皆さんのお住まいのところに、山があるということであれば、
少々遠くにある山を見てもいいでしょう。

 

海が近いということであれば、地平線を見たり、
島があるのであれば離島をみたりしてもいいでしょう。

 

このように遠くを見るということも、眼精疲労の対策としては非常に効果的です。

 

さらにはパソコンを見すぎていて、目が疲れているということであれば、
意識的に目を閉じて目を休憩させるということも必要です。

 

 

つらい肩こりの解消法3:お風呂につかってゆっくりとする

 

生活向上通信!

 

 

肩こりの主な原因は、血行不良です。
この血行不良の対策として、お風呂は非常に有効です。

 

温かいお湯につかることで、血行促進に繋がるところがありますので、
是非ともお風呂に浸かってゆっくりとしましょう。

 

さらに良い気分でお風呂に入りたいということであれば、
入浴剤を使ってもいいかもしれませんね。

 

入浴剤でも、肩こりに効果があるようなタイプの入浴剤もありますので、
ぜひとも試してみてはいかがでしょうか。

 

凝り固まった肩を温めるという意味でも、
お風呂に浸かってゆっくりとするのは非常に効果的です。

 

お風呂上がりにストレッチなどすればさらに効果的ですよ。
柔軟体操も、お風呂上がりの方がより、効果が出ると言われています。

 

つらい肩こりの解消法4:ウォーキングやジョギングをする

 

生活向上通信!

 

またウォーキングやジョギングなどの運動を取り入れるというのも、大変効果的です。
現代人は、運動が不足しがちです。

 

ストレッチなどでも、コリをほぐすことができますが、
やはり運動をして血行促進をすることで肩こり改善につながります。

 

もしどうしても、ウォーキングやジョギングの運動が気が向かないということであれば、
日々の生活で取り入れてみるのはいかがでしょうか。

 

自宅から駅から離れているのであれば、あえてそこをウォーキングをしたりジョギングをすることで、
特に運動時間を意識することなく、気楽に取り入れることができるでしょう。

 

また普段はエスカレーターやエレベーターを使っているということであれば、
意識的に階段にしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

肩こりは、基本的に血行不良が原因である場合が多いので、
血行を促進したりストレッチをしたりすることで改善することがあります。

 

肩こりに悩んでいるということであれば、このような運動を意識的に取り入れましょう。。

 

血行促進は、すぐに効果が出るというものでもありません。継続的にやっていくことが大切です。

 

日々の生活習慣から、少しずつ肩こりを解消していくようにしましょう。


page top